BOAT RACE 多摩川
開催中
07/07
開門時間 10:40
本日の場間場外発売
下関 GⅡ 鳴門 一般 からつ 一般 戸田 一般
一般 びわこ 一般 児島 一般 宮島 一般
桐生 一般 蒲郡 一般 若松 一般

レース展望

一般

第2回内山信二杯

6
28
29
30
7
1
2
3

何枠でも内水域狙う 吉川昭男と正木聖賢! 地元大将は村田修次

「第2回内山信二杯」は準優3個レース制で開催される6日間開催。傑出した選手がいないので、混戦ムードが漂うシリーズ。出場メンバーで最も高勝率6.81(2022年後期適用勝率)を残している吉川昭男を筆頭候補に挙げたい。G1の優勝こそないが、一般戦での安定感は抜群。内中から機敏な立ち回りで確実にポイントを稼いでくる。この吉川と同様に、正木聖賢も外を嫌って常にスローからのレース。外枠の時は大胆に回り込むので待機行動から目が離せない。柔軟自在なレース運びの吉田俊彦と小細工なしの積極的な攻めが魅力の山本隆幸、この兵庫コンビにも注目したい。迎え撃つ地元勢の筆頭は村田修次。多摩川は純地元で気合も倍増する。北山康介、荒井翔伍はまくり主体の速攻が持ち味。強力メンバーが相手でも、出し抜きの一発で波乱を演出する。7月からA1初昇級の加藤政彦が楽しみ。桑原将光は出足系を仕上げて的確にまとめてくる。

主な出場選手

  • 吉川昭男3582(滋賀)
  • 村田修次3826(東京)
  • 正木聖賢3920(広島)
  • 山本隆幸4025(兵庫)
  • 吉田俊彦4055(兵庫)
  • 濱本優一4377(大阪)
  • 北山康介4535(東京)
  • 木村仁紀4743(滋賀)
本命選手

吉川昭男

3582 (滋賀)

コース取りから一切の妥協なし

G1タイトルこそないものの、19年には地元びわこでG2制覇、20年には平和島でSGクラシック優勝戦2着の実績。滋賀支部を長くけん引してきた技巧と気合のレーサーだ。吉川は徹底的にアウトを嫌う。過去1年では1回も6コースに入らず、5コースからも2回のみだ。外枠時には大胆に回り込んでくるので、スロー水域の進入をもつれさせる。吉川自身は深い起こしにも慣れているので、的確にスタートを決めて主導権を奪う。多摩川での一般戦は過去5節で3回の優出を果たしていて、前回参戦時の21年3月は優勝を飾るなど水面との相性も良好。今年は優勝こそないものの6回の優出(6月12日現在)があり調子は決して悪くない。ちなみに昨年11月には次男の晴人が129期生としてデビューを果たした。「子は親の鏡であり、親は子の鑑」といわれる。自身の活躍が息子にとってもいい刺激になるはずで、吉川としても一層気合が入る。

対抗選手

村田修次

3826 (東京)

調整力でのアドバンテージが大きい

東京支部屈指のペラ巧者。理論的な調整は常に的確で、さまざまな状況に対応することができる引き出しの多さが1つの武器になる。素性のいいモーターはもちろんのこと、平凡機、低調機でもそこそこのレベルに仕上げてくる。07年の多摩川周年に続き、20年の津ではマスターズチャンピオンで2回目のG1を制覇したが、その時もエンジンの素性を存分に引き出しての快速仕立てだった。それに加えて、すべてを熟知した多摩川水面なら、モーターの調整だけでなく走り方もしっかりと手の内に入れている。過去56回の優勝のうち10回はここ多摩川で飾っていて、自他ともに認めるドル箱水面だ。ただ、最後にここで優勝したのは18年1月のこと。7月からの新期は出走数不足がたたって久しく続けていたA1級からも陥落してしまうが、近況の調子は決して悪くない。約4年ぶりの多摩川優勝を果たし、地元巧者健在ぶりをアピールしたいところだ。

地元イチオシ

北山康介

4535 (東京)

そろそろ多摩川初優出があってもいい

08年11月、多摩川でのデビュー節2走目で1着と、いきなり非凡な才能を見せつけた。その後もセンスの良さはかなり評価されていたが、フライングの多さが出世を阻み、A1級とA2級を往復するような状態が続いてきた。それでも北山の魅力はやはりスタートの速さ。スリットで他艇を出し抜いて、格上選手をまくりつぶすシーンはこれまでに数多くあり、穴党にとっては頼もしい味方ともいえる。今年は2月の福岡、4月の三国で優勝を飾り、その後も蒲郡、江戸川、びわこで優出と好ペースを維持している。多摩川は21年6月(途中帰郷)以来、ちょうど1年ぶりの参戦。過去5年間でも5節の出走と地元ながら意外と走る機会が少ない。さらに、多摩川はなぜかこれまで優勝戦に乗ったことがない。走り慣れているとは言い難いが、ここはデビューを果たした思い出の水面。近況の乗りっぷりなら当地初優出に加え、当地初優勝も十分に狙える。