BOAT RACE 多摩川
非開催
01/30
開催まで1日
本日の場間場外発売
江戸川 GⅠ 大村 GⅢ 鳴門 一般 芦屋 一般
戸田 一般 常滑 一般 一般 児島 一般
福岡 一般 蒲郡 一般 住之江 一般 丸亀 一般

レース展望

一般

第45回関東日刊紙ボートレース記者クラブ杯

1
31
2
1
2
3

峰竜太の実績断然 中野次郎、小林泰に地元の意地がある

「第45回関東日刊紙ボートレース記者クラブ杯」は4日間の得点率制での開催。中心はSG5冠を誇る峰竜太で不動。誰がこの峰に待ったをかけるかがシリーズの焦点になりそう。短期戦ではただ一度のミスで優出を逸するようなケースもあるが、峰に限っていえばよほどの下位モーターを引かない限り、最終日には優勝戦の好枠に位置しているだろう。今節は迎え撃つ地元勢も充実。G1V5の自在派・中野次郎を筆頭に、早くも記念ウイナーの仲間入りを果たしている栗城匠、最近の多摩川はドル箱ともいえる小林泰らに期待がかかる。ほかでは三重勢も好メンバーが多数参戦。坂口周、松井洪弥は1月に多摩川を走ったばかりで、調整面の心配はないだろう。特に坂口はそれほど目立たないモーターでも優出と頑張った。柔軟なレース運びで混戦得意な松尾充も見逃せない。愛知勢ではスタート一撃が魅力の野中一平に注目したい。

主な出場選手

  • 坂口周3984(三重)
  • 中野次郎4075(東京)
  • 峰竜太4320(佐賀)
  • 小林泰4401(東京)
  • 松尾充4754(三重)
  • 松井洪弥4824(三重)
  • 野中一平4850(愛知)
  • 栗城匠4928(東京)
本命選手

峰竜太

4320 (佐賀)

SGV5を誇る佐賀支部の看板

2回のグランプリ制覇を含め、SGはV5、G1もV15。名実ともにボート界の頂点に立つ。SGになくてはならない選手といえるが、昨年後半から最近までは一般戦回りだった。それでも7月からの半年でV6の固め打ち。今年1月は地元正月の唐津で10戦7勝のイン圧勝V。一般戦を走ればすべての分野でケタが違いすぎる。ターンスピードはもちろん、峰のすごさは鋭いコーナーの読みと正確無比なターンの精度にある。1Mは隊形に応じたベストのハンドルを切り、針の穴を通すようにわずかな隙も見逃さず、鋭く艇間を割ってくる。多摩川を走る機会は少ないが、過去に2回の優勝歴がある。18年に周年記念を制し、20年の一般戦はオール2連対で圧勝してみせた。水面との相性は上々なので、優出は最低限のノルマ。若松周年から転戦の今節を走った後は、再び記念ロードに戻るので、好リズム維持のためにもしっかりと結果を出したい。

対抗選手

中野次郎

4075 (東京)

コースを問わず多彩な変化技で魅了

昨年の唐津グラチャンは自身5回目のSG優出だった。結果は5着だったが、そう遠くないうちにまたSG初制覇のチャンスは巡ってくるだろう。G1はV5の実績があり東京支部を代表する選手の1人だ。決まり手は実に多彩。逃げがもちろん一番多いが、差し、まくり、まくり差しとバランス良く決めていて、コース別の成績を見ても、1、2、4コースの1着率はかなり高い。外枠ではさすがに1着の本数は減るが、それでも2、3着にはしっかり絡んでくる。まさにオールラウンダーと呼ぶにふさわしい。最近は多摩川を走る機会が意外に少なく、昨年は準優勝だった8月に1節走っただけだった。それでも通算V48のうち9回は当地でのもの。ちなみに平和島の優勝は5回、江戸川の優勝は2回ということを考えれば多摩川との相性はかなりいいといえる。遠征勢に待ったをかけるとすれば、やはりこの中野だろう。

地元イチオシ

小林泰

4401 (東京)

そろそろ純地元でもVがあっていい

06年に平和島でデビューした99期生。山梨県の出身だけに多摩川は純地元といえる。やや好不調の波があり、期ごとにB1級、A2級、A1級を行ったり来たりの成績だったが、近況は3期連続でA1級をキープと成績が安定してきた。小林泰の魅力は他艇を出し抜くスタート力。昨年の全国平均タイミングは13と速く、そのうち走り慣れた地元多摩川に限れば12と、さらに速いのを行く。当地は近況5回参戦したうちの4回で優出していて、どの節も中堅級のモーターながらスタートと腕で着をまとめて頑張っていた。ただ、ここ一番の優勝戦では明らかにパワーで見劣っていたのも事実。当地では常に抽選運に恵まれていないが、いいモーターさえ引ければ誰が相手でも好勝負を演じるはず。東京3場では江戸川、平和島での優勝歴は2回ずつあるが、まだ優勝経験がないのが多摩川。本人としては一番優勝したいコースだろう。