ボートレース多摩川 05#

10月27日

本日非開催

メニュー

  • レースライブ&リプレイ
  • 出走表・前日予想PDF
  • インターネット投票

レース展望

一般 ボートレース多摩川バースデイカップ・報知新聞社賞 6月7日(日)・8日(月)・9日(火)・10日(水)・11日(木)・12日(金) 出場予定選手

中田竜太、深谷知博、岩瀬裕亮がスピードターンで沸かせる

6日間で行われる今節は新モーター3節目となる。全ての機が1度は使用されたことになり、早くも優良機が見つかるか。それとも、まだ不透明なのか。8月に行われるレディースチャンピオンに向けても、モーターチェックは欠かせない。シリーズの中心は中田竜太だ。的確なモーター出しで、走りっぷりもいい。まくり、差しと臨機応変な走りで舟券に貢献する。深谷知博もレース運びは負けていない。スピードのあるターンで水面を沸かせる。岩瀬裕亮は多摩川巧者として知られる。当地は4節連続優出中で、そのうち2節はG1周年記念でのベスト6入り。相性の良さで今大会も優勝争いに加わる。中堅どころでは桐本康臣、福島勇樹、杉山正樹らが実力を発揮する。秋山直之は現級こそA2だが、地力は今節の中でも最上位の存在。衰え知らずの俊敏なターンで魅了する。山田竜一、一瀬明、田中豪らベテラン勢も健在ぶりをアピールする。

主な出場選手

  • 一瀬明 3641(東京)
  • 田中豪 3792(東京)
  • 桐本康臣 4043(三重)
  • 福島勇樹 4083(東京)
  • 杉山正樹 4084(愛知)
  • 深谷知博 4524(静岡)
  • 中田竜太 4547(埼玉)
  • 岩瀬裕亮 4604(愛知)

中田竜太 埼玉 4547

中田竜太
本命選手

多摩川初優勝を目指して俊敏に切り込む

SG制覇こそないが、G1は通算で3勝。17年には年末のグランプリにも出場したことがある実力者。今年は戸田の正月開催で優勝し幸先が良かったが、その後がなかなか続かない。記念では予選落ちが続き、5月の芦屋周年では2日目にフライングを切ってしまった。新期早々のFは痛手で、さすがに速いスタートは仕掛けられなくなった。それでも一般戦に入れば、地力は上位。スリットは踏み込まなくても、さばきで着はまとめるテクは備える。過去1年間のコース別成績を見ると、インはもちろんだが、2コースから6コースまで満遍なく勝ち星を挙げている。面白いのが、5コースより6コースの方がわずかながら1着率が高いこと。外枠だからといって評価を下げるのは禁物かも。多摩川は年1回のあっせんで、一般戦だと16年12月まで遡る。優勝はなく実績皆無だが、地力が付いた今なら関係ない。多摩川初優勝を目指して、俊敏なターンで切り込む。

深谷知博 静岡 4524

深谷知博
対抗選手

今年はG1を制覇し順調な走りを披露

鎌倉涼の夫としても有名で、夫婦ともに一線級のレーサーとして活躍している。5月17日には深谷知博が桐生で、鎌倉が尼崎で夫婦同日優勝を達成した。今年はここまで優勝3回。2月の浜名湖周年では通算2回目のG1制覇を成し遂げ、早くも来年3月の福岡SGクラシックの出場権を手にした。展望では岩瀬裕亮が多摩川巧者として紹介したが、深谷も当地との相性はばっちり。直近6節は全て優出。そのうち3節では優勝と圧倒的なパフォーマンスを見せている。過去1年間の全国平均スタートはコンマ14と的確。決まり手はまくりもあるが、基本は差し。ターンが俊敏で艇間を突く、まくり差しは絶品だ。また、インでの信頼度も高く、1着率は80%近い数字を残す。層の厚い静岡支部にあって、なかなかSG常連とはなれないが、年末のグランプリを目指せるだけの能力は十分にある。今節は当地連続優出を7に伸ばすのは最低ノルマ。優勝だけを目指す。

福島勇樹 東京 4083

福島勇樹
地元イチオシ

地の利を最大限に生かして仕上げる

多摩川は通算で9回の優出で優勝は1回。近年もコンスタントにベスト6入りを果たしている。18年1月には当地で通算1000勝も達成した。「やっと選手になれたなって感じがします。スタートラインに立てた感じ。まだまだ通過点だと思う」と話していたように、その後も着実に1着を積み重ねている。今年は記念レースで快音が聞かれず苦しんでいるが、一般戦では4優出、1優勝。全てに熟知した当地なら調整は手の内。しっかり仕上げて、豪快なレース運びを見せてくれるはずだ。過去1年間の全国平均スタートはコンマ15と的確。決まり手を見ると逃げの次に多いのがまくり。差しでさばいて抜け出すよりは、小細工なしの攻めで一発を狙ってくるレーススタイルだ。さらに地元なら大外の6枠のときは前付けに動くケースがある。モーターの仕上がり次第ではコース取りから強気な姿勢を貫く。11年4月以来、久しぶりの多摩川優勝を目指して走る。

ページの先頭へ