ボートレース多摩川 05#

10月27日

本日非開催

メニュー

  • レースライブ&リプレイ
  • 出走表・前日予想PDF
  • インターネット投票

レース展望

一般 第31回日本モーターボート選手会会長賞 5月9日(土)・10日(日)・11日(月)・12日(火)・13日(水)・14日(木) 出場予定選手

スタート巧者の市橋卓士が登場!丸野一樹も優勝争いに加わる

6日間シリーズの今節は、現在使用しているモーター、ボートが最後になる。1年間使ってきて、相場はほぼ固まっている。当然ながら、いいモーターを引いた選手にアドバンテージはある。また、今節は堀越雄貴(ほりこし・ゆうき)、仲航太(なか・こうた)の126期2人がデビューする。温かく見守っていきたい。シリーズの中心には市橋卓士を推す。名うてのスタート巧者として知られ、スリットから果敢に仕掛ける。丸野一樹も優勝候補の1人だ。俊敏なターンを繰り出し、1Mは自在に切り込む。速いスタートが武器の中岡正彦、山崎哲司も速攻戦で沸かせる。さばき堅実な赤坂俊輔、田中和也もしっかりと着をまとめていく。森永淳、武富智亮の佐賀コンビからも目が離せない。加瀬智宏、中村有裕、妹尾忠幸は現級こそA2だが、地力はある。モーター次第で優勝争いに加わる。地元勢はやや手薄だが、山谷央に期待がかかる。地の利を生かして快速に仕上げる。

主な出場選手

  • 中岡正彦 3849(香川)
  • 村越篤 3907(香川)
  • 市橋卓士 4063(徳島)
  • 森永淳 4072(佐賀)
  • 山崎哲司 4080(愛知)
  • 赤坂俊輔 4174(長崎)
  • 田中和也 4357(大阪)
  • 丸野一樹 4686(滋賀)

市橋卓士 徳島 4063

市橋卓士
本命選手

多摩川連続優勝を目指して攻める

徳島支部が誇るスタート巧者。過去1年間の全国平均スタートタイミングはコンマ14と的確。速攻派のイメージが強いが決まり手は多彩。逃げの次にまくりが多いが、差しも多く決まっている。特徴的なのが抜きの多さ。道中は1つでも着順を上げられるように、諦めずに走っている表れだ。コース別の成績を見ると1コースから5コースまでは頭で狙える。ダッシュでもスリットでのぞけば、まくり、まくり差しと自在に構える。多摩川は09年の総理杯(現クラシック)でSGに初めて出場し、節間2勝と奮闘した。さらに16年の1月には通算1000勝も達成。縁のある水面と言ってもいい。近況も2節連続で優出中と結果を残しており、19年5月の前回戦では優勝している。当地は暖かい時季になってくるとホーム横風が吹いてくる。風が一定せず、スタートが難しくなるが、市橋なら速いスリット攻勢を見せてくれるはず。多摩川連続優勝に期待したい。

丸野一樹 滋賀 4686

丸野一樹
対抗選手

シャープな旋回で1Mは切り込む

11年11月にびわこでデビューし、いきなり初出走で初勝利を挙げた。その後も順調に成長し、16年5月三国でデビュー初優勝。16年の常滑ヤングダービーではG1初優出を達成すると、19年8月に地元のびわこ周年でG1初優勝を成し遂げた。20年前期適用勝率は7.48。デビューから初の7点超えを達成し、今後の活躍がさらに期待される。レーススタイルは自在性に富み、逃げ、まくり、差しと多彩なレース運び。特に俊敏なターンから繰り出す、まくり差しは絶品だ。過去1年間のコース別成績を見ると1コースから4コースまでは1着率が20%を超えている。インからセンターまでは積極的に頭で狙いたい。今年は1月の唐津周年で2度目のG1制覇を飾ると、3月蒲郡でも優勝。びわこG2でも優勝戦に進出した。多摩川は走る機会が少なく、17年12月以来の参戦。それでも日本一の静水面に鋭い旋回は合うはず。1Mは大胆に切り込んでくる。

山谷央 東京 3681

山谷央
地元イチオシ

熟知した地元水面で快速に仕上げる

今大会は東京支部のA1級選手が不在。出場している選手には失礼だが、地元はやや手薄な印象を受ける。その中で山谷央に期待がかかる。走り慣れた地元水面というのもあるが、当地とは相性がいい。多摩川過去10節の成績を見ると、8節で準優に乗り、優出は2回している。予選落ちはわずか2節のみと安定感が光る。とにかく当地ではモーターを出すイメージしかない。素性のいいモーターを引けばもちろんだが、平凡なモーターでも機歴を覆す足になる。今節も地の利を最大限に生かして、快速に仕上げてくるはずだ。スタートは決して遅くないが、戦法はどちらかというと差しの方が多い。インでは逃げ切り、センター、アウトからは展開を突いて2、3着にまとめる傾向だ。今年はまだ優出がなく、2月平和島のフライングは痛手だったが、全てに熟知している多摩川で流れを変えたいところ。的確な調整力を生かして予選突破はもちろん、ベスト6入りを目指す。

ページの先頭へ