ボートレース多摩川 05#

8月14日

本日場外発売

メニュー

  • レースライブ&リプレイ
  • 出走表・前日予想PDF
  • インターネット投票

レース展望

一般 第27回多摩川さつき杯 4月29日(水)・30日(木)・5月1日(金)・2日(土)・3日(日)・4日(月)・5日(火) 出場予定選手

中野次郎、永井彪也の師弟コンビが登場!永田秀二も優勝を争う

多摩川のGW開催は毎年恒例のさつき杯。オール東京支部で、7日間のロング開催で行われる。今大会は月またぎで4月29日、30日の2日間は級別審査期間になる。A1級、A2級のボーダー上にいる選手は勝負の2日間となり、気合も入っている。勝負駆けの選手は事前にチェックしておきたい。シリーズの中心には中野次郎、永井彪也の師弟コンビを推したい。永井は今年多くのSGに出場予定で、さらなる飛躍が期待される立場。地元の平和島で行われるグランプリ出場を目指して走り続ける。中野も実力上位。多摩川は周年制覇もあり、水面相性はばっちり。テクニックを存分に発揮して優勝だけを目指す。2月関東地区選でG1初優勝を飾った永田秀二も参戦。G1タイトルホルダーに恥じないレースをする。山田哲也、馬場剛が速いスタートで沸かせれば、佐藤隆太郎もスピード全開の走りを披露する。熊谷直樹、長岡茂一、野澤大二らベテラン勢も健在だ。

主な出場選手

  • 熊谷直樹 3200(東京)
  • 中野次郎 4075(東京)
  • 梶野学志 4140(東京)
  • 山田哲也 4297(東京)
  • 永田秀二 4430(東京)
  • 永井彪也 4688(東京)
  • 馬場剛 4769(東京)
  • 佐藤隆太郎 4847(東京)

永井彪也 東京 4688

永井彪也
本命選手

今期勝率は7点台と高アベレージ

今期(昨年11月以降)勝率は4月10日現在で7.67。前期の6.73から1点近く勝率がアップし、デビューして初の7点台をマークすることがほぼ決定的だ。コース別の成績を見ると1コースの1着率が高く、80%近い数字を残す。2、3、4コースでは差し、まくり差しでの1着が多く、まくり勝ちはほとんどない。5、6コースは1着こそないが、2、3着に絡む率は高い。インではしっかり逃げて、アウトでは舟券に絡んで着をまとめるスタイルだ。スタートも速くなっている。前期の平均スタートはコンマ15だったが、今期はコンマ12と驚異的な数字を残している。これも勝率アップの要因になっている。今年は江戸川の正月開催で優勝すると、3月多摩川のルーキーシリーズでも優勝と勢いに乗る。地元平和島で行われたSGクラシックは惜しくも準優で敗退となったが、連日見せ場は作った。目標は年末のグランプリ出場。少しでも賞金加算へ、優勝だけを目指す。

中野次郎 東京 4075

中野次郎
対抗選手

当地久々の優出を目指して全力疾走

00年5月平和島でデビューし、1カ月後の多摩川で初勝利を挙げた。SG優勝こそないが、G1優勝は通算5回を誇る。東京支部屈指のオールラウンダー。決まり手は多彩で、まくり、差しと自在に使い分ける。コース別成績を見ても、1コースから4コースまでは、まんべんなく勝っている。センターまでは1着を狙い、アウトコースは展開を突いて連に絡む。ただ、今期(昨年11月以降)は思うような結果が残せていない。準優にこそ乗るが、優出がほとんどなく、3月下関一般戦の1回のみとなっている。それだけに走り慣れている地元で流れを変えたいところだ。多摩川は17年11月を最後に優出から遠ざかっているのが寂しい。ただ、過去には地区選(07年)と周年(15年)を制覇の実績もあり、軽視はできない。的確なペラ調整でターン回りを仕上げて、冷静なハンドルさばきで着をまとめる。準優好枠はもちろん、当地久々の優出を目指して走る。

北山康介 東京 4535

北山康介
地元イチオシ

多摩川初優出へ積極的に仕掛ける

08年11月、多摩川でデビュー。その節の2走目で1着と、いきなり非凡な才能を見せつけた。北山康介の最大の魅力は何と言ってもスタートの速さ。ただ、その武器は諸刃の剣でもある。ぎりぎりまでスリットを踏み込むため、フライングは多い。その影響で勝率が上がらず、出世を阻んでいる要因でもある。同期である黒井達矢は「もっと早く記念で走っていてもいい選手。それだけのセンスはある」と評価するほどだ。現勝率は6.70。勝率だけを見ると、らくらくA1級だが、出走回数が89走と規定の90走にわずか1走だけ足りず、A2級となってしまった。今期(昨年11月以降)はA1ボーダーより上で返り咲きを目指している。多摩川は走り慣れている水面だが、まだ優出をしたことがないのは寂しい。予選突破も16年11月の1節のみ。そろそろ地元で躍動する走りに期待したい。当地初優出へスタートから積極的に仕掛ける。

ページの先頭へ