ボートレース多摩川 05#

11月19日

開催中

メニュー

  • レースライブ&リプレイ
  • 出走表・前日予想PDF
  • インターネット投票

レース展望

GⅢ G3第12回サントリーカップ 11月18日(土)・19日(日)・20日(月)・21日(火)・22日(水)・23日(木) 出場予定選手

服部幸男を中心に地元の角谷健吾、山田哲也が盛り上げる

前節に続いてのG3戦は、準優3個制で優勝争いが繰り広げられる。A1級のレーサーが13人も参戦と、企業杯らしい豪華メンバーが集結した。その筆頭格が服部幸男だ。SG最年少優勝記録など、数々の記録を作り上げた強豪選手。力強い走りで水面を沸かせる。69期コンビの三嶌誠司と山本浩次が打倒・服部に燃える。特に山本は前回の当地で初日に無念の負傷帰郷。リベンジ戦で気合が入る。山下和彦は今年優出は10回。一般戦を中心にコンスタントに結果を残す。10月の江戸川では今年2回目の優勝を決めた。思い切りのいい攻めで一発を狙う。横澤剛治は桐生周年で優出するなど、以前の不調から脱出した。モーターを伸び型に仕上げて、豪快なまくりで魅了する。強力な遠征陣を迎え撃つ地元勢は、角谷健吾、山田哲也、阿波勝哉に期待が集まる。3人ともスタートが速く、地元ならさらに鋭さは増す。スリットでのぞいて、得意の速攻戦を披露する。

主な出場選手

  • 服部幸男 3422(静岡)
  • 三嶌誠司 3541(香川)
  • 山本浩次 3558(岡山)
  • 山下和彦 3562(広島)
  • 角谷健吾 3613(東京)
  • 横澤剛治 3956(静岡)
  • 東本勝利 4066(三重)
  • 山田哲也 4297(東京)

服部幸男 静岡 3422

服部幸男
本命選手

ファン投票1位で初日DR1号艇

92年の平和島ダービーでSG初優勝。デビューから3年5カ月の快挙で、21歳での優勝はSG最年少優勝記録として、今でも破られていない。記念通算優勝回数は25回で、今節出場選手の中でもNO.1の数字を誇る。今年は年またぎのオール静岡決戦で、超抜エンジンを味方に予選道中から力強い走りを披露。12走中11走が2着以上と圧倒的パフォーマンスで優勝した。しかし、そこからが続かない。記念だけでなく、一般戦でも苦戦し、6月の唐津まで優出がなかった。服部の実力を考えると物足りない成績だ。SGでも丸亀オーシャンで準優に乗るのがやっとで、他のSGは予選落ちとなっている。多摩川は15年10月以来で、走る機会が少ないが、97年の43周年、07年の53周年、10年の56周年と準優勝している。水面相性は決して悪くない。最近は引いたモーターなりになることが多いが、少しでもいい良機をゲットできれば、豪快な攻めは健在。ファン投票1位の期待に応える。

三嶌誠司 香川 3541

三嶌誠司
対抗選手

24場制覇へ。スタートから踏み込む

本命選手で取り上げた服部幸男が、11月丸亀で史上19人目の全24場制覇を達成した。三嶌誠司も24場制覇にリーチがかかっており、残すは多摩川のみとなっている。「優勝を意識して走りたい」と話した今年9月の当地戦では、2連対率21.6%の低調機を引きながら、巧みな調整力で水準以上の足に仕上げた。しぶとい走りで予選を突破すると、W準優も舟券絡みに貢献してベスト6入りを果たした。全場制覇に注目が集まったが、優勝戦は惜しくも3着に終わった。今シリーズはG3戦ということもあって、相手は強力メンバーだが、スタート、速攻力は負けていない。今年は一般戦を中心に9回優出。1月鳴門、7月徳山で優勝している。SGでの出走がないのが寂しいが、7月G2江戸川MB大賞では優出と存在感をアピールした。スタートは安定して速いタイミングを連発。スリットでのぞいて、1Mは自在に攻めてくる。まずは優出入りを目指して全力で走る。

角谷健吾 東京 3613

角谷健吾
地元イチオシ

アドバンテージある地元で躍動

今年は平和島ダービー出場へ向けて、怒濤(どとう)の優出ラッシュを見せてくれた。5月宮島から7月平和島まで6節連続優出を達成。一気に勝率を上げて、地元の大舞台出場を決めた。ダービーでは12万円を超えるビッグな配当を提供するなど、予選2勝の活躍。地元勢で唯一、予選突破を果たした。準優では結果5着に終わったが、見せ場は十分に作った。機出しにたけており、いつも水準以上の足に仕上げるイメージがある。角谷は以前に「いい意味で開き直っているのがいいのかも。この調整で駄目なら、ターンで勝負すればいいやってね」と話していた。自分の調整をして、足の上積みがなければ、ある程度は見切りをつけて、レースに集中するスタイルが、好調の要因かも。多摩川は地元だけあって成績はいい。通算優出回数は40回で優勝は13回。今年9月の周年記念では予選落ちとなったが、それまでは5節連続優出だった。地の利を生かして優勝を目指す。

ページの先頭へ